【超過激なゲームに参加】『Dead Tube』のあらすじ・見どころ紹介【ネタバレ感想】

デッドチューブ

今回は、超過激なゲームに巻き込まれた人々の様子が描かれた漫画、「Dead Tube~デッドチューブ~」のあらすじと見どころをネタバレ感想を交えてサクッとまとめていきます♪

2018年2月時点で既に発行部数70万部突破。

2019年現在では恐らく100万部を優に越していると思われます。

無料試し読みはコチラ↓

ebookjapanで読む

 

では、あらすじ、みどころネタバレいきます~

「Dead Tube~デッドチューブ~」の1巻のあらすじ

まず、簡単に漫画「Dead Tube」の1巻のあらすじを紹介します。

業得高校二年で、映研のカメラ担当だった町谷智浩はある日、同級生の真城舞に呼び出されました。

彼女は町谷に対して、自分を二日間撮影することと、なにがあっても撮影を辞めないことを了承させました。

理由がよくわからなかったものの、の撮影を開始し、着替えやトイレ、シャワーの間さえもずっと撮り続けた町谷。

⇒この時点がかなり過激w

そして2日目には豹変し、彼氏の山本をセックス中に手をかけ、その様子も町谷に撮影させました。

動画を撮影した理由を聞かれると、自分がDead Tubeというゲームの参加者であり、より過激な動画をアップロードしたかったと明かす

このゲームは視聴数を稼ぐためならどんなことをしても捕まらず、逆に視聴数によって賞金が得られるという衝撃的なものでした。

⇒その代わり参加者の中で視聴数が最下位の人には恐ろしいペナルティが課せられます‥‥。

町谷も一度参加してしまった以上、このゲームから抜けることは出来ないと言う

最初は戸惑いつつも、徐々に彼はこのゲームに深く関わっていくことになり‥‥。

猟奇的ホラーゲーム!!「Dead Tube~デッドチューブ~」の見どころとは?

ここでは、見どころを紹介していきます!(^^)!

超過激な舞の描写

に関してのセリフや描写はほぼ全て過激に描かれていますw

バッサバッサと敵をなぎ倒していく豪快な一面と、抜群のプロポーションで男性陣を喜ばせる一面があるのでこの作品の象徴のようなキャラですね👍

セックスシーン満載!

彼女の過去はまだほとんど明かされておらず、どういった経緯でこのような人格が形成されていったかについてはかなり気になるポイント。

また、町谷の事を男として気に入っているので、二人が今後どんな関係性になっていくのか注目したいと思います。

登場キャラがほぼ皆狂っている

だけでなく、町谷や他の登場キャラのほとんどが軒並み狂った一面を持っています。

初登場でまともに見えたキャラでも実は凶悪な性格を隠し持っていることが多く、読んでいて衝撃を受けることもしばしばw

普通の人では考えないような強烈なイベントを企てたり、仲間を利用して自分だけが成り上がろうとしたり‥‥人間の悪い面が凝縮していますが、それが結構面白いです👍

女キャラが見せる歪んだ表情

女キャラは基本的に皆かわいくてスタイルが良い◎

ただ、本性を見せたときの顔の表情は半端なく醜く描写されていて、度肝を抜かれます。

外見がいくら整っていても、中身が邪悪だとそれが表に出てくるんだろうなって感じました。

まさか、と思うような女のキャラが豹変する展開は癖になります( ̄▽ ̄)

次々始まるゲームの内容が強烈

動画の撮影内容はゲームが終わるごとに次々変わっていきます。

命を奪ったりする様子を撮影したり、無人島にいって凶悪な犯罪者を撮影したり‥‥。

賞金が出るので当然ですが内容がかなり強烈なゲームばかりです。

そのため毎回かなりの緊張感が味わえてゾクゾクします👍

過激な漫画が好きな方は絶対ハマる内容ですね。

Dead Tube運営と対峙する町谷

初期の町谷は時々猟奇的になりますが、ほぼ普通の高校生でした。

しかしとある事件がきっかけで、町谷は舞と組んでDead Tubeの運営を潰そうと躍起になります。

控えめだった顔つきも、目的を定めてからは鋭くなり、以前にも増して冷酷になりつつあります。

運営がどんな人々なのかはまだ明らかになっていませんが、本気になった彼が一体どうやってDead Tubeを潰すのかがこれからの見どころの一つになりそうです。

「Dead Tube~デッドチューブ~」を読んだ感想

とにかく超過激な作品!!!!

っていうのが一番の感想です!

セックス!狂気!スプラッター!の3要素が好きな方はまず間違いなく楽しめますw

特に舞がかなり猟奇的な人物なので、彼女がターゲットを仕留めるシーンは全てヤバメの描写👏

また、女キャラはかなりかわいくセクシーに(所々エグイですがw)描かれているので、男目線から見ればそこもかなり良かったです👍

というわけで、以上「Dead Tube~デッドチューブ~」あらすじ、見どころまとめでした!

ebookjapanで読む

 

 

マンガ好きなあなたにおすすめの電子書籍サイト4選!

お得にいっぱい漫画を読みたい時には電子書籍がおすすめです。

電子書籍のメリットは以下の5つ↓

  • 紙と比べて安い
  • 買ったらすぐに読める
  • 本屋にはないようなニッチな作品が豊富にある
  • スマホやパソコンで読めるから場所を取らない
  • こっそりと誰にもバレずに読める(エロ系、BL、TL、グロ系と相性が良い)

紙も良いけど、電子書籍にもメリットいっぱい。

電子書籍サービスは沢山ありますが、大の漫画好きの私がおすすめのサイトはこの4つです↓

  • ebookjapan(初回登録時に50%引きのクーポンを6枚くれる)
  • Renta!(レンタル作品数が最多で最安)
  • コミックシーモア(無料の作品数が多い)
  • まんが王国(アダルト系漫画に強い・クーポンをよく配ってくれる)

※4つとも登録料や年会費などはナシ

この4サイトは漫画ジャンルに特化しており、

「安さ」「お得なクーポンの有無」「無料で読める作品数」

などの点から見て、かなりおすすめです。

チャチャっと4つのサイトの特徴とお得な点をまとめますね。

ebookjapan

取り扱い数 80万冊以上
無料作品数 3000冊以上
購入方法 都度購入
得意ジャンル 全ジャンル
強み 初回登録で50%オフクーポン6枚配布

ebookjapanは、国内トップクラスの取り扱い数を誇る電子書籍サイト。

ヤフーIDを使って初回登録すると、50%オフクーポンを6枚配布してくれる太っ腹なキャンペーンを実施しています。

1回の購入で最大500円まで引いてくれるから、マックスで3000円引きになる。

このキャンペーンはいつ終わるかわからないから、クーポンを欲しい場合はお早めに。

ヤフープレミアム会員だと割引してくれたり、ポイントが付く点も良いですね。

まだ利用したことがないなら最もおすすめのサイトです。

 

╲公式サイトはコチラから/

ebookjapan

 

Renta!

取り扱い数 50万冊以上
無料作品数 2000冊以上
購入方法 都度購入or48時間レンタル
得意ジャンル BL・TL
強み レンタルの取り扱い数が最多&最安

Renta!

  • 購入
  • 48時間レンタル

のどちらかを選べる利用者数トップクラスのマンガ特化サイト。

レンタル可能な漫画数は業界最多&料金も最安です。

600円以上する漫画が100~300円で借りられたりする。

安さが魅力!

得意ジャンルはBL・TL

この二つのジャンルは取り扱い数だけでなくレビュー数も膨大なので、他のユーザーの感想を見つつ作品を選べる点が良いですね。

「気になった作品をパパっと安く読みたい」ってタイプの人に最適だと思います。

 

╲公式サイトはこちらから/

Renta!

 

コミックシーモア

取り扱い数 70万冊以上
無料作品数 10000冊以上
購入方法 都度購入or2泊3日レンタル
得意ジャンル 女性向け作品
強み 無料作品の多さ

コミックシーモアも購入とレンタルのどちらかを選択可能。

レンタルの場合はRenta!より取り扱い数が少なく料金も少し高めですが、

  • 「購入」込みの取り扱い数はRenta!以上
  • 無料で読める作品数が多い
  • レンタルだと最長72時間(2泊3日)借りられる

というメリットがあります。

得意なジャンルは女性向け作品

エッチなものから胸キュン系まで揃えていて、Rentaと並ぶ人気サイトだね。

初回には50%オフクーポンをくれるし、無料で読める作品数も多いので、色々な漫画を楽しみたい方におすすめです。

 

╲公式サイトはこちらから/

コミックシーモア

 

まんが王国

取り扱い数 20万冊以上
無料作品数 30000冊以上
購入方法 購入
得意ジャンル ニッチなエロ・アダルト系
強み ポイントまとめ買いor月額コース加入でボーナスポイントが沢山もらえる

まんが王国は都度購入がメインの漫画サイト。

他の電子書籍サイトよりも取り扱い作品数は少ないですが、まんが王国オリジナルの激エロ漫画や超ニッチなジャンルのアダルト漫画を数多く揃えているという強みがあります。

まんが王国でしか読めないエロ漫画がいっぱいある。

最初の1~2巻分をまるまる無料で読めるじっくり試し読みに加え、ポイントまとめ買いや月額コース加入でもらえる大量のボーナスポイントが強み。

エッチ系な漫画を大量に読みたい方におすすめです。

 

╲公式サイトはこちらから/

まんが王国

 

というわけで、今回は以上です(‘ω’)

 

タイトルとURLをコピーしました