【薬学ミステリー】薬屋のひとりごとのあらすじ・見どころ紹介【ネタバレ注意】

薬屋のひとりごと
今回は、「薬屋のひとりごと」のあらすじ、見どころをネタバレを交えつつ紹介していきます。
 
作品紹介

『薬屋のひとりごと』『次にくるマンガ大賞2019』第一位を取った、今話題の中華系の薬学ミステリー漫画です。

薬屋の娘・マオマオはある日、薬草採集のために出かけた先で誘拐され、後宮に売られてしまいますが、彼女は全く気を病むことなく、逆に後宮内で起こる様々な事件を薬学の知識を駆使して解決していきます👏

テンポ感が良くて、絵柄も可愛らしく、ラブコメ要素もあるので非常に読みやすい作品です(*’▽’)

 

※薬屋のひとりごとは漫画が無料で読めるサンデーの公式アプリ「サンデーうぇぶり」にて、最新話までタダで読めるよ。

サンデーうぇぶり

サンデーうぇぶり

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

無料試し読みはこちらから↓

では、あらすじ見どころの紹介いきます~

「薬屋のひとりごと」のあらすじ

まずは簡単に漫画「薬屋のひとりごと」のあらすじをご紹介(‘ω’)ノ

主人公・マオマオはとある薬屋の娘で、いつものように薬草採集をしている最中に人さらいに遭い、後宮で働かされることになってしまいます(-_-;)

後宮で下女として雑用の仕事をして過ごしていた彼女は、ある日下女仲間からある噂を聞きます。

それは帝の世継ぎが連続して亡くなる怪事件。

帝は過去に3人の子を亡くしていて、最近生まれたばかりの2人の子の容態も危うい状態でした。

マオマオは、病状を聞いてあることが思い当たり、子供のそれぞれの母親である梨花妃玉葉妃のもとに、あるメッセージを送ります。

結果、メッセージの通りにした玉葉妃の女児は助かり、メッセージを無視した梨花妃の男児は亡くなりました。

玉葉妃は子供を助けてくれたマオマオ壬氏に探し出させ、自分の侍女に迎え入れます。

それから、彼女は後宮で起こる謎を次々と名推理で解決していくのでした‥‥‥!!

薬学に詳しい女の子の歴史系ミステリー!!「薬屋のひとりごと」の見どころとは?

ここでは、見どころを紹介していきます!(^^)!

後宮での生活

マオマオが連れてこられた場所は後宮で、ここが序盤の主な舞台です。

後宮とは古代中国にあった帝の子を産むための女の園で、日本でいう大奥みたいなところです。

男子禁制で帝以外の男はほとんど入ることができませんが、宦官という男性器を切除した男の官僚はたくさんいて、彼らは後宮内で職務をしていました。

そのため、後宮内は多くの女性と宦官が存在する独特な世界観があり、そこがこの作品の見どころの一つと言えます👍

また、古代中国をモチーフにしているため、歴史が好きだと言う人にもお勧めできる舞台設定となっています。

薬学について詳しく書かれている

マオマオは主に、薬学を用いて謎解きをしていきます。

薬学の豆知識が詳しく描写されているため、読み応えがあって面白いです(*’▽’)

様々な場面で毒が使われることが多かった時代でもあるので、毒の働きや解毒に関する知識を持つ彼女は大活躍します( ̄▽ ̄)👏

壬氏とマオマオの関係性

壬氏という宦官は男女問わず夢中にさせるほどのルックスと色気を持っていて、作中常に人々をメロメロにさせているのですが、そんな彼とマオマオの関係性も見どころです!

マオマオは他の人と違って、壬氏に対して全く恋心を抱かず、逆に避けるほどですが、意外に気が合ったりしてラブコメ要素を感じることができます\(^o^)/

あっさりとしたマオマオの性格

マオマオがとてもあっさりとした性格であることもこの漫画の良いところ。

作中ではドロドロとした内容の事件が多々起きますが、彼女があっさりしているので、そこまで暗くなり過ぎずに読むことができます。

やはり女の陰謀渦巻く後宮なので、もしマオマオが湿っぽい性格で描写されていたら重苦しい作風になっていた可能性もあると思います(;’∀’)

ツンデレっぽいところもあるので、そういうキャラが好きな人にもいいかもしれませんw

上級妃

作中には帝の妃である複数の上級妃が詳しく描かれています。

マオマオが仕えた玉葉妃、子供を失い自らも病に倒れた梨花妃、まだ齢14と若い里樹妃、帝と乳飲み子の時から親交のある阿多妃など、皆個性的で美しい容姿をした美女です。

彼女たちの使命は皇の子を産むことで、少なからず彼女たちも権力争いに巻き込まれたりします。

そういうわけで、彼女たちの周りには時折不可解な事件が起き、それをマオマオが解決していくという流れ多いです。

彼女たちの誰が一番権力を握るのか、そしてマオマオとの絡みはどうなっていくのかなどは注目ポイントですね。

「薬屋のひとりごと」を読んだ感想

1話、もしくは2話完結で終わる話が多いので、テンポ感がとてもいいです👍

推理の内容も理にかなっていて良質なので面白く感じました。

当時の作法や習慣など読んでいて勉強になることも多かったです👏

あとは、壬氏の存在がこの漫画のラブコメ感を増幅していると感じましたw

宦官ながら、男女問わず人を惚れさせてしまう色気とはどれほどのものなんでしょう‥‥w

特に女性の読者にとって壬氏は結構ツボにハマるキャラではないかと( ̄▽ ̄)

アニメ化しやすいタイプの作品だと思うので期待してます♪

 

サンデーうぇぶり

サンデーうぇぶり

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

 

 

マンガ好きなあなたにおすすめの電子書籍サイト3選!

お得に沢山漫画を読みたいよ!って場合には電子書籍がおすすめです。

☑電子書籍のメリット

  • 紙より安い
  • 買ってすぐに読める
  • 本屋に売ってないような二ッチな作品がある
  • スマホやパソコンで読めるから持ち運びの必要がなく、場所を取らない
  • 誰にもバレずに読める(エロ、グロ、ドロドロ系との相性バツグン

紙で読むのも良いけど、電子書籍も中々便利。

電子書籍サービスは沢山ありますが、大の漫画好きの私がおすすめのサイトは以下の3つです↓

  • Renta!(レンタル数最多・最安)
  • コミックシーモア(無料で読める作品数が多い)
  • まんが王国(ニッチなオリジナルアダルト系漫画が豊富・クーポンをよく配ってくれる)

※3つとも登録料や年会費などは一切無料

上記の3サイトは漫画ジャンルに特化しており、「安さ」「お得なクーポンの有無」「無料で読める作品数」などの観点から見て、かなりコスパが良く使いやすいと思います。

サクッと3つのサイトの特徴とお得な点をまとめますね。

  Renta! コミックシーモア まんが王国
取扱数 50万冊以上 77万冊以上 20万冊以上
レンタル作品数 45000 35000 レンタル不可
レンタル期間 48時間 2泊3日(最大72時間) レンタル不可
無料作品数 2000冊以上 10000冊以上 3000冊以上
購入方法 都度購入orレンタル 都度購入orレンタル 都度購入
初回特典 なし 50%オフクーポン なし
強いジャンル BL・TL 女性向け漫画 ニッチなエロ系

☑お得な点

Renta!
  • 100~300円で48時間レンタルできる作品がある
  • レンタル可能な冊数が業界最多で値段も安い
コミックシーモア
  • 無料作品数が多い
  • 最大72時間レンタルできる
まんが王国
  • 1~2巻分まるごと読める「じっくり試し読み」が充実している
  • 10~50%引きのクーポンが当たる「おみフリ」を1日2回引ける

 

☑Renta!

Renta!「購入」か「48時間レンタル」のどちらかを選択できる漫画特化サイト。

特にレンタル可能な漫画数は業界随一であり、しかも100~300円で借りられるタイトルも沢山あります。

600円前後の漫画が半額以下で読めたりする。

とにかく安さがウリ!

BL・TLといった大人向け漫画に非常に力を入れているのも大きな特徴ですね。

「ちょっと気になった作品があるからサクッと安く読めるサイトを探してる」ってタイプの人に最もおすすめです。

 

╲公式サイトはこちらから/

Renta!

 

☑コミックシーモア

コミックシーモアもRenta!同様に「都度購入」or「レンタル」のどちらかを選択可能。

レンタルの場合はRenta!より作品数が少なく料金も高めですが、その代わりに

  • 「都度購入」を含めた作品数はRenta!より多い
  • 無料作品数が多い
  • レンタル期間が2泊3日(最長72時間)

というメリットがあります。

女性向けマンガを多く取り揃えている。

初回に50%オフのクーポンもくれるのも良いね。

無料で読める作品数が多いので、色んな作品を知りたい!読みたいという方におすすめです。

 

╲公式サイトはこちらから/

コミックシーモア

 

☑まんが王国

まんが王国はRenta!やコミックシーモアと違って本を「レンタル」するシステムはなく、「都度購入」がメインのサイト。

扱っている作品は他の電子書籍サイトより少ないですが、オリジナル作品や超ニッチなアダルト系漫画に力を入れており、ここでしか読めないものが沢山あります。

扱っている数はちょっと少ないけど、エロ系はマジで強い。

また、漫画の最初の1~2巻分をまるまる無料で読める「じっくり試し読み」システムやお得なクーポンが1日2回もらえる「おみフリ」も兼ね備えているのもうれしい所。

エッチな作品をいっぱい読みたい方に特におすすめです。

 

╲公式サイトはこちらから/

まんが王国

 

というわけで、今回は以上です(‘ω’)

タイトルとURLをコピーしました