『空挺ドラゴンズ』のあらすじ・見どころをサクッと紹介【ネタバレ注意】

空挺ドラゴンズ
今回は、「空挺ドラゴンズ」のあらすじ、見どころをネタバレ込みでサクッとまとめて紹介していきます!
作品概要
「空挺ドラゴンズ」は、桑原太矩さんが原作者の漫画で、月間アフタヌーンに連載されています。テーマは、空を飛ぶ捕龍船に乗ってドラゴンを狩り、生計を立てている人々の日常。彼らに帰る港はなく、風を読んでどこまでも旅を続けていきます。独特の世界観が美しい絵柄で描かれていて、どっぷりファンタジーの世界に浸ることができます。
 
 

では、いつものごとくあらすじネタバレいきます~

「空挺ドラゴンズ」のあらすじ

まずは簡単に漫画「空挺ドラゴンズ」1巻のあらすじをご紹介(‘ω’)ノ

物語は、クィン・ザザという捕龍船の新人乗組員のタキタが、ミカという先輩乗組員の龍を狩る姿を目の当たりにするところから始まります。

龍を仕留めて捌き、肉や油を地上の市で売る乗組員達。

その後、隣の市の上空で龍が出たとの情報を聞き、再び空へ向かった一行を待ち受けていたのは、最初に狩った龍の母親でした。

怒り狂った母親の龍は、クィン・ザザの船体に飛びつき触手で乗組員達を攻撃します。

龍はただ一方的に狩られるような存在ではなく、殺す覚悟がないとやられるタキタに言うミカ

彼は、触手に捕まれ捕食される寸前のところまでいきますが、なんとか近くにあった武器を手に、とどめを刺すのでした‥‥。

龍捕りファンタジー!!「空挺ドラゴンズ」の見どころとは?

ここでは、見どころを紹介していきます!(^^)!

独特な絵柄と世界観

絵柄が特徴的でジブリのナウシカを彷彿とさせます。

そしてそれが、空を飛ぶ龍を狩って生活するという独特な世界観ととてもよくマッチしています。

ジブリ作品が好きな人には特にぴったりかと思います(/・ω・)/

龍が普通に存在する世界があったらきっとこういう感じなんだろうと空想を掻き立てられました♪

狩った龍は、肉はもちろん、油、骨、革といったすべての部位に希少価値があり、市場では高く売れます。

また、この世界には近代的なデジタル機器などはほとんどないので、レトロな世界で旅を続けるロマンを感じることが出来ます👐

18人の乗組員達

クィン・ザザの乗組員は全部で18人

人物紹介のページがないので、最初は名前と顔を一致させるのが大変なんですけど、ちゃんとそれぞれ個性があるので、推しキャラも見つかるかもしれません( ̄▽ ̄)

龍捕り専門の人はもちろんのこと、船の操縦士、整備士、コックなど、空の旅を続けるうえで必要な役職が揃っています。

読者も乗組員の一員として船員のことを覚えていけるように、あえて作者が紹介欄を設けてないのかな~ってちょっと思いました。(/・ω・)/

話が進んでいく中で少しずつ船員の人柄に触れるエピソードが盛り込まれているので、そこも見どころです👍

龍捕り

龍を捕るシーンはかなり迫力があって面白いです!👏

最初に大きな銛を撃ち込んで龍の動きを封じつつ火烈矢(ボムランス)や電気矢(スタンランス)でダメージを与えていくのが基本的な龍捕りの流れ。

普段はのんびりしているミカが龍捕りの時には真剣になるので、そのギャップが良いです!(^^)!

また、龍はそれぞれ異なる特殊能力のようなものを持っていて、強力な音を出したり、煙を出したりする個体が登場します。

その度にミカ達は苦戦しますが、そこも見どころの一つかと思います。

ドラゴン飯

毎回龍を仕留めた後に描かれるドラゴン飯が本当に美味しそうなんです!!

龍肉は実際にはないですが、細かいレシピもきちんと書いてあるので、近い料理は再現できるかと👍

料理も美味しそうだし、それを食べる登場人物の姿も読んでいていいなと思いました。

グルメ漫画好きにはたまらないポイントですよね(*’▽’)

食事の場面では、、しばしば獲物を美味しく食べることが狩られた命への礼儀だといった風に描かれていて、現実世界での猟師が持つ精神と通じるものがあります。

「空挺ドラゴンズ」を読んだ感想

まず絵柄と世界観にグッと心を掴まれました。

レトロな設備でどこまでも龍を求めて空を旅する感じとか、龍と人間が同じ世界に存在している光景が好きです。

所々に乗組員達の生活感溢れる描写が盛り込まれていて、そういったところも読んでいていいなと思いました。

2020年1月からのアニメ化でより一層人気に火が付くことは間違いないと思います!

ドラゴン飯はSNSでも真似た料理をアップするファンも増えそうな気がしますね( ̄▽ ̄)

というわけで以上、「空挺ドラゴンズ」のあらすじ、見どころ紹介でした!

 

 

マンガ好きなあなたにおすすめの電子書籍サイト3選!

お得に沢山漫画を読みたいよ!って場合には電子書籍がおすすめです。

☑電子書籍のメリット

  • 紙より安い
  • 買ってすぐに読める
  • 本屋に売ってないような二ッチな作品がある
  • スマホやパソコンで読めるから持ち運びの必要がなく、場所を取らない
  • 誰にもバレずに読める(エロ、グロ、ドロドロ系との相性バツグン

紙で読むのも良いけど、電子書籍も中々便利。

電子書籍サービスは沢山ありますが、大の漫画好きの私がおすすめのサイトは以下の3つです↓

※3つとも登録料や年会費などは一切無料

上記の3サイトは漫画ジャンルに特化しており、「安さ」「お得なクーポンの有無」「無料で読める作品数」などの観点から見て、かなりコスパが良く使いやすいと思います。

サクッと3つのサイトの特徴とお得な点をまとめますね。

  Renta! コミックシーモア まんが王国
取扱数 50万冊以上 77万冊以上 20万冊以上
レンタル作品数 45000 35000 レンタル不可
レンタル期間 48時間 2泊3日(最大72時間) レンタル不可
無料作品数 2000冊以上 10000冊以上 3000冊以上
購入方法 都度購入orレンタル 都度購入orレンタル 都度購入
初回特典 なし 50%オフクーポン なし
強いジャンル BL・TL 女性向け漫画 ニッチなエロ系

☑お得な点

Renta!
  • 100~300円で48時間レンタルできる作品がある
  • レンタル可能な冊数が業界最多で値段も安い
コミックシーモア
  • 月額コースを選んだり、ポイントのまとめ買いをしてもらえるボーナスポイントがかなり多い
  • 最大72時間レンタルできる
まんが王国
  • 1~2巻分まるごと読める「じっくり試し読み」が充実している
  • 10~50%引きのクーポンが当たる「おみフリ」を1日2回引ける

 

☑Renta!

Renta!「購入」か「48時間レンタル」のどちらかを選択できる漫画特化サイト。

特にレンタル可能な漫画数は業界随一であり、しかも100~300円で借りられるタイトルも沢山あります。

600円前後の漫画が半額以下で読めたりする。

とにかく安さがウリ!

BL・TLといった大人向け漫画に非常に力を入れているのも大きな特徴ですね。

「ちょっと気になった作品があるからサクッと安く読めるサイトを探してる」ってタイプの人に最もおすすめです。

 

╲公式サイトはこちらから/

Renta!

 

☑コミックシーモア

コミックシーモアもRenta!同様に「都度購入」or「レンタル」のどちらかを選択可能。

レンタルの場合はRenta!より作品数が少なく料金も高めですが、その代わりに

  • 月額コースorポイントまとめ買いをするとボーナスポイントが沢山もらえる
  • 「都度購入」を含めた作品数はRenta!より多い
  • レンタル期間が2泊3日(最長72時間)

というメリットがあります。

ボーナスポイントの例は以下の通り↓

料金(税込み) もらえるポイント ボーナスポイント
月額1100円のコース 1000pt 150pt
月額3300円のコース 3000pt 690pt
月額5500円のコース 5000pt 1200pt
月額11000円のコース 10000pt 2500pt
2200円で2000ポイントまとめ買い 2000pt 160pt
3300円で3000ptまとめ買い 3000pt 330pt
5500円で5000ptまとめ買い 5000pt 660pt
11000円で10000ptまとめ買い 10000pt 1400pt

1000円前後だとあまりボーナスポイントの恩恵はないですが、3000円を超えてくるとかなりボーナスポイントが付いてくる感じですね。

単品でちょくちょく買うというよりかは、毎月ガッツリ大量に漫画を読んで幸せになりたいタイプの人に最もおすすめです。

初回に50%オフのクーポンをくれる点も良い。

 

╲公式サイトはこちらから/

コミックシーモア

 

☑まんが王国

まんが王国はRenta!やコミックシーモアと違って本を「レンタル」するシステムはなく、「都度購入」がメインのサイト。

扱っている作品は他の電子書籍サイトより少ないですが、オリジナル作品や超ニッチなアダルト系漫画に力を入れており、ここでしか読めないものが沢山あります。

扱っている数はちょっと少ないけど、エロ系はマジで強い。

また、漫画の最初の1~2巻分をまるまる無料で読める「じっくり試し読み」システムやお得なクーポンが1日2回もらえる「おみフリ」も兼ね備えているのもうれしい所。

エッチな作品をいっぱい読みたい方に特におすすめです。

 

╲公式サイトはこちらから/

まんが王国

 

というわけで、今回は以上です(‘ω’)

タイトルとURLをコピーしました