【リィンカーネーションの花弁11巻】種の在り処は絵之島?美術会編突入!ネタバレ感想

リィンカーネーションの花弁

今回は、「リィンカーネーションの花弁」の11巻のあらすじ、ネタバレ、感想を書いていきます。

無料試し読みはコチラ↓

10巻は、アルベルトに消されそうになったアインシュタインの元に北束率いる黒鋭隊が到着した所で終わりました。

リィンカーネーションの花弁10巻 灰都vs東耶の結果は?あらすじ ネタバレ感想
「リィンカーネーションの花弁」の10巻のあらすじ、ネタバレ、感想を書いていきます。

では、いつものごとくあらすじネタバレいきます~

リィンカーネーションの花弁 11巻 あらすじ①アンリとアインシュタイン

黒鋭隊の医療室で目覚め、自分とメスメル以外の「浮草」のメンバーが全員アルベルトにやられたことを知るアンリ。

明るく振舞ってはいるものの、内心かなりきつそう‥‥。

アルベルトは北束が申し出た停戦を受け入れたので、戦いはとりあえず一旦お預けという事に。

ゲッツ達の遺言により除名となった二人は施設から出てこれからどうしようかと話をしていましたが、そこへ皆が残したビデオレコーダーと枝を渡しに北束が登場。

亡くなった仲間の遺品を受け取るのが怖いと思うアンリに、自分も仲間達の遺品を持ち歩いていると北束はタグや小物を見せました。

10巻の最後でアルベルトに向かっていった「淀身」の二人も始末されてしまった模様‥‥。

その言葉を聞いて、震える手でビデオレコーダーを再生するアンリ。

そこにはゲッツ達のメッセージが記録されていて、いままで一緒に過ごした彼女へのお礼や、自分達が消え行くことでその笑顔を失わないで欲しいという言葉が込められていました。

マジで泣ける‥‥(´;ω;`)

悲しすぎるけど、前向きな動画でした‥‥!

号泣しつつ、再び施設内に戻り人間側として戦うことを決意したアンリとメスメル。

その後、目覚めたアインシュタインは、血相を変えて会議中の東耶達の元に行き、今すぐ砂漠に行ってアルベルトを倒すと言いました。

彼女は皆の制止も聞かず、空間転移を発動しようとしたので、アンリはとっさに彼女に抱きつき、一緒に砂漠に行きました。

アインシュタインとしては、砂漠でコテンパンにされ、浮草のメンバーもやられたことから一刻も早くアルベルトを討ちに行きたかった模様。

砂漠に行くとそこにアルベルトはおらず、気が動転するアインシュタイン。

そんな彼女にアンリはキスをして「レッドクロスの契約」を結びつつ、命を軽んじてはいけないと諭しました。

人間達と団結することが大事であるとわかり、アンリとしっかり信頼関係を結ぶことができたアインシュタインは空間転移で東耶達の元に帰ってきました。

アンリは子供っぽい所があるけど、意外とちゃんと考えていると思いました。

レッドクロスの契約はアンリの才能名みたいです。

その後の話し合いで、これからは団結して「種」を探し、偉人の杜側と交渉することが目標となりました。

一方その頃、勝手にアインシュタイン達と接触したことをナイチンゲールに咎められるアルベルト。

今回は許すが次はないと言われ、彼女はかなり焦っていました。

やっぱナイチンゲールは戦闘能力もかなり高そうです‥‥。

また、唯一の懸念点である「種」は美術会というところにあることもナイチンゲールは知っていて、偉人を多数送っていましたが、誰も帰ってきておらず‥‥!?

【2021】おすすめの異能力バトル漫画ランキングTOP15!【面白過ぎる】 - 行商人とみ~のぶろぐ
異能力(特殊能力)バトルってめちゃくちゃ面白いですよね。 人気のジャンルなので毎年新作マンガが続々と登場しています。 そこで今回は、年に300冊以上漫画を読む筆者が2021年版のおすすめの異能力バトル漫画ランキングTOP

リィンカーネーションの花弁  11巻 あらすじ②美術会

東耶達は団結を誓った後、2回の枝の対消滅によって「種」の場所を大体絞っていたため、太平洋上の船にいました。

しかし、海上で3回目の対消滅を行ったところ、まったく予想外の方角に枝が消えて行ったため、もしかしたら「種」は移動しているのかもしれないと思う東耶。

直後、海底からレイチェル・カーソンの廻り者が登場し、そのあまりの大きさに一行は冷や汗をかきました。

ただ、船はクリーンエネルギーで動くようにしてあったため、カーソンは再び海に戻っていきました。

もし、船が汚染物を海に垂れ流すタイプだったらここでゲームオーバーでしたw

カーソンの中に「種」がある可能性もあったので、確認するために4回目の対消滅を開始。

すると、今度は先ほど予測していた方向かつ、カーソンの進行方向とは別だったので、3回目の対消滅は機器の故障によるものだったと灰都は言いました。

その後、船は突然キャンバスで出来た壁に衝突し‥‥!?

後半は本編で↓

リィンカーネーションの花弁 11巻 感想 美術会のメンバーが強そう

アインシュタインの心をアンリが慰めてあげている所がとても良かった(‘ω’)ノ

一方、「種」の在り処は判明しましたが、美術会の廻り者たちは結構強そうです(;´・ω・)

北束や灰都もいるので負けはしないと思いますが、芸術系の特殊な技をかけてきそうですね。

東耶達がどうやって切り抜けるのかに注目!

12巻のあらすじ、ネタバレ、感想はこちら↓

【リィンカーネーションの花弁12巻】ダリの芸術への小旅行が強すぎる!ネタバレ感想
「リィンカーネーションの花弁」の12巻のあらすじ、ネタバレ、感想を書いていきます。

 

 

マンガ好きなあなたにおすすめの電子書籍サイト3選!

お得に沢山漫画を読みたいよ!って場合には電子書籍がおすすめです。

☑電子書籍のメリット

  • 紙より安い
  • 買ってすぐに読める
  • 本屋に売ってないような二ッチな作品がある
  • スマホやパソコンで読めるから持ち運びの必要がなく、場所を取らない
  • 誰にもバレずに読める(エロ、グロ、ドロドロ系との相性バツグン

紙で読むのも良いけど、電子書籍も中々便利。

電子書籍サービスは沢山ありますが、大の漫画好きの私がおすすめのサイトは以下の3つです↓

  • Renta!(レンタル数最多・最安)
  • コミックシーモア(無料で読める作品数が多い)
  • まんが王国(ニッチなオリジナルアダルト系漫画が豊富・クーポンをよく配ってくれる)

※3つとも登録料や年会費などは一切無料

上記の3サイトは漫画ジャンルに特化しており、「安さ」「お得なクーポンの有無」「無料で読める作品数」などの観点から見て、かなりコスパが良く使いやすいと思います。

サクッと3つのサイトの特徴とお得な点をまとめますね。

  Renta! コミックシーモア まんが王国
取扱数 50万冊以上 77万冊以上 20万冊以上
レンタル作品数 45000 35000 レンタル不可
レンタル期間 48時間 2泊3日(最大72時間) レンタル不可
無料作品数 2000冊以上 10000冊以上 3000冊以上
購入方法 都度購入orレンタル 都度購入orレンタル 都度購入
初回特典 なし 50%オフクーポン なし
強いジャンル BL・TL 女性向け漫画 ニッチなエロ系

☑お得な点

Renta!
  • 100~300円で48時間レンタルできる作品がある
  • レンタル可能な冊数が業界最多で値段も安い
コミックシーモア
  • 無料作品数が多い
  • 最大72時間レンタルできる
まんが王国
  • 1~2巻分まるごと読める「じっくり試し読み」が充実している
  • 10~50%引きのクーポンが当たる「おみフリ」を1日2回引ける

 

☑Renta!

Renta!「購入」か「48時間レンタル」のどちらかを選択できる漫画特化サイト。

特にレンタル可能な漫画数は業界随一であり、しかも100~300円で借りられるタイトルも沢山あります。

600円前後の漫画が半額以下で読めたりする。

とにかく安さがウリ!

BL・TLといった大人向け漫画に非常に力を入れているのも大きな特徴ですね。

「ちょっと気になった作品があるからサクッと安く読めるサイトを探してる」ってタイプの人に最もおすすめです。

 

╲公式サイトはこちらから/

Renta!

 

☑コミックシーモア

コミックシーモアもRenta!同様に「都度購入」or「レンタル」のどちらかを選択可能。

レンタルの場合はRenta!より作品数が少なく料金も高めですが、その代わりに

  • 「都度購入」を含めた作品数はRenta!より多い
  • 無料作品数が多い
  • レンタル期間が2泊3日(最長72時間)

というメリットがあります。

女性向けマンガを多く取り揃えている。

初回に50%オフのクーポンもくれるのも良いね。

無料で読める作品数が多いので、色んな作品を知りたい!読みたいという方におすすめです。

 

╲公式サイトはこちらから/

コミックシーモア

 

☑まんが王国

まんが王国はRenta!やコミックシーモアと違って本を「レンタル」するシステムはなく、「都度購入」がメインのサイト。

扱っている作品は他の電子書籍サイトより少ないですが、オリジナル作品や超ニッチなアダルト系漫画に力を入れており、ここでしか読めないものが沢山あります。

扱っている数はちょっと少ないけど、エロ系はマジで強い。

また、漫画の最初の1~2巻分をまるまる無料で読める「じっくり試し読み」システムやお得なクーポンが1日2回もらえる「おみフリ」も兼ね備えているのもうれしい所。

エッチな作品をいっぱい読みたい方に特におすすめです。

 

╲公式サイトはこちらから/

まんが王国

 

というわけで、今回は以上です(‘ω’)

タイトルとURLをコピーしました