【憂国のモリアーティ1巻】極上の完全犯罪ミステリー漫画!あらすじ ネタバレ感想

憂国のモリアーティ

今回は、原作・竹内良輔、作画・三好輝の、

「憂国のモリアーティ」1巻のあらすじ、ネタバレ、感想を書いていきます。

2021年4月4日よりTOKYO MX他にてアニメ2期が放送開始!

TVアニメ「憂国のモリアーティ」2クール目予告PV

無料試し読みはコチラ↓

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

ebookjapanで読む

 

では、いつものごとくあらすじネタバレいきます~

憂国のモリアーティ 1巻 あらすじネタバレ①モリアーティ家に拾われた主人公とルイス

【1866年、イギリス郊外】

名門貴族のモリアーティ家に拾われた孤児の主人公(名称不明)は聡明な頭脳を持っており、街で困っている人の手助けをよくしていました。

人々から頼られている彼の姿を馬車から見るモリアーティ家長男のアルバート。

彼は主人公を馬車に乗せ、帰宅することに。

アルバート達は威張らない品の良い貴族として人々から評判だった。

帰宅すると、体の弱い弟のルイスが雑務をさせられていて驚く主人公。

執事は主人公がアルバートのおさがりの服を着て着飾っていたことを叱り、罵りました。

主人公とルイスは孤児でモリアーティ家の慈善活動の一環として拾われただけだから、肩身の狭い生活を強いられている模様。

主人公とルイスを毛嫌いしているアルバートの母と弟のウィリアム。

彼らは主人公たちを下等人種としてみており、体罰も頻繁に与えていました。

昔のイギリスの階級制度は半端ない(;’∀’)

貴族は神で労働者階級はごみのように扱われている。

産業革命によって世界の4分の1を掌握していた当時のイギリスは、人口の3%ほどの上流階級が支配していました。

生まれた時から運命が決まっている階級制度を心の底から主人公は憎んでいましたが、表ではその様子を一切見せず、笑顔でウィリアム達からのいじめを耐えていました。

ウィリアムは正義感の強いアルバートに主人公が取り入ってモリアーティ家の全てを奪うのが目的だと思っており、特に孤児の二人をいびっている。

【2021】おすすめの異能力バトル漫画ランキングTOP15!【面白過ぎる】 - 行商人とみ~のぶろぐ
異能力(特殊能力)バトルってめちゃくちゃ面白いですよね。 人気のジャンルなので毎年新作マンガが続々と登場しています。 そこで今回は、年に300冊以上漫画を読む筆者が2021年版のおすすめの異能力バトル漫画ランキングTOP

憂国のモリアーティ 1巻 あらすじネタバレ②階級制度をぶち壊す

体罰を受けて傷を負った主人公を見て、家庭教師から戻ったアルバートは謝罪しました。

アルバートが部屋を出たのを確認し、彼が貴族なのに自分達に親切にしてくれる目的はなんなのかと主人公に聞くルイス。

主人公はもう少しアルバートの出方を伺ってみようと言いました。

ルイスはアルバートのおかげで手術を受けられ助かったけど、アルバートの目的が謎すぎる…。

両親やウィリアムと共に夕食を取るアルバート。

自分以外の家族は身分や立場のことばかり考えて下の身分の人間をゴミのように考えていることにアルバートはうんざりしており、世界のゆがみを嘆いていました。

アルバートだけは正義の心を持っているみたい。

家族、そしてなにもできない自分を気持ち悪く汚いとさえ思うアルバート。

彼は1年前に家にいたくないという理由で孤児院を訪れ、そこで主人公とルイスに出会いました。

主人公は潰れた貸本屋を寝床にしていたから、このころから既に膨大な知識を持っていた。

孤児院の子供たちだけでなく、周りの大人達からも相談役として頼られていた主人公を見て、感心するアルバート。

しかし彼は主人公が孤児院の子供たちに悪い貴族がいれば戦い、殺すよう教育していた場面に遭遇し、脅威を感じました。

主人公は悪い人間を排除すればこの国は良くなると、笑顔で子供たちに説いていた。

屋敷にて、自分に窃盗の罪を着せようとしていたアルバートの母とウィリアムを発見する主人公。

彼らは主人公を屋敷から出てくよう怒鳴りますが、そこへアルバートが現れ、主人公の無実を証言すると言いました。

母や次男よりも次期当主のアルバートの方が権力は上。

アルバートは理想を叶えるための知識と勇気が欲しかったため、主人公に人を殺すよう命じていました。

今日この場所から世界を変えていくというアルバート。

主人公は彼のために尽くすと誓っており、武器を手に持ってアルバートの母とウィリアムを殺しにかかり…⁉

アルバートと主人公がイギリスの階級制度をぶち壊していくのか…?

後半は本編にて↓

 

 

憂国のモリアーティ 1巻 感想 極上の完全犯罪ミステリー漫画

階級制度を恨む労働者階級の主人公とルイス、そして同じく貴族が威張り散らす世界を変えたいアルバートがタッグを組んでいくストーリー!

いやああ面白い!

後半では主人公がウィリアムにすり替わって貴族の身分を手に入れて、様々な完全犯罪に手を染めて貴族達を殺し、徐々に階級制度を破壊し始めます( ̄▽ ̄)

 

 

マンガ好きなあなたにおすすめの電子書籍サイト4選!

お得にいっぱい漫画を読みたい時には電子書籍がおすすめです。

電子書籍のメリットは以下の5つ↓

  • 紙と比べて安い
  • 買ったらすぐに読める
  • 本屋にはないようなニッチな作品が豊富にある
  • スマホやパソコンで読めるから場所を取らない
  • こっそりと誰にもバレずに読める(エロ系、BL、TL、グロ系と相性が良い)

紙も良いけど、電子書籍にもメリットいっぱい。

電子書籍サービスは沢山ありますが、大の漫画好きの私がおすすめのサイトはこの4つです↓

ebookjapan(初回登録時に50%引きのクーポンを6枚くれる)

コミックシーモア(無料作品数/先行配信作品数/レビュー数が多い)

Renta!(レンタル作品数が最多で最安)

まんが王国(アダルト系漫画に強い・クーポンをよく配ってくれる)

※4つとも登録料や年会費などはナシ

この4サイトは漫画ジャンルに特化しており、

「安さ」「お得なクーポンの有無」「無料で読める作品数」

などの点から見て、かなりおすすめです。

チャチャっと4つのサイトの特徴とお得な点をまとめますね。

ebookjapan

取り扱い数 80万冊以上
無料作品数 3000冊以上
購入方法 都度購入
得意ジャンル 全ジャンル
強み 初回登録で50%オフクーポン6枚配布

ebookjapanは、国内トップクラスの取り扱い数を誇る電子書籍サイト。

ヤフーIDを使って初回登録すると、50%オフクーポンを6枚配布してくれる太っ腹なキャンペーンを実施しています。

1回の購入で最大500円まで引いてくれるから、マックスで3000円引きになる。

このキャンペーンはいつ終わるかわからないから、クーポンを欲しい場合はお早めに。

ヤフープレミアム会員だと割引してくれたり、ポイントが付く点も良いですね。

まだ利用したことがないなら最もおすすめのサイトです。

 

╲公式サイトはコチラから/

ebookjapan

 

コミックシーモア

取り扱い数 70万冊以上
無料作品数 10000冊以上
購入方法 都度購入
得意ジャンル 女性向け作品
強み 無料作品数/先行配信数/レビューの多さ

コミックシーモアは無料作品数や独占先行配信中の作品数が多く、またレビューも沢山投稿されている人気サイト。

得意なジャンルは女性向け作品で、エッチなものから胸キュン系まで幅広く揃えています。

皆のレビューを読んで面白い作品を探せるところが良い。

初回には50%オフクーポンをくれるし、無料で読める作品数も多いので、色々な漫画を楽しみたい方におすすめです。

 

╲公式サイトはこちらから/

コミックシーモア

 

Renta!

取り扱い数 50万冊以上
無料作品数 2000冊以上
購入方法 都度購入or48時間レンタル
得意ジャンル BL・TL
強み レンタルの取り扱い数が最多&最安

Renta!

  • 購入
  • 48時間レンタル

のどちらかを選べる利用者数トップクラスのマンガ特化サイト。

レンタル可能な漫画数は業界最多&料金も最安です。

600円以上する漫画が100~300円で借りられたりする。

安さが魅力!

得意ジャンルはBL・TL

この二つのジャンルは取り扱い数がかなり多いです。

購入の場合はちょっと他の3サイトより割高になる点は注意ですが、「気になった作品をパパっと安く読みたい」ってタイプの人に最適だと思います。

 

╲公式サイトはこちらから/

Renta!

 

まんが王国

取り扱い数 20万冊以上
無料作品数 30000冊以上
購入方法 都度購入
得意ジャンル ニッチなエロ・アダルト系
強み ポイントまとめ買いor月額コース加入でボーナスポイントが沢山もらえる

まんが王国は都度購入がメインの漫画サイト。

他の電子書籍サイトよりも取り扱い作品数は少ないですが、まんが王国オリジナルの激エロ漫画や超ニッチなジャンルのアダルト漫画を数多く揃えているという強みがあります。

まんが王国でしか読めないエロ漫画がいっぱいある。

最初の1~2巻分をまるまる無料で読めるじっくり試し読みに加え、ポイントまとめ買いや月額コース加入でもらえる大量のボーナスポイントが強み。

エッチ系な漫画を大量に読みたい方におすすめです。

 

╲公式サイトはこちらから/

まんが王国

 

というわけで、今回は以上です。

 

タイトルとURLをコピーしました